N@oco的日常

キマグレ更新

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク
| - | - | - |
2日の22時頃から、友達がやってるイベントのバーベキューにジョッキリ4人で参加。

一応、音楽的イベントなんだけど、聴衆がおとなしかった。

前々から噂は知ってたけど、かなり軟派なイベントで、BBQか始まって2時間もしたら、あちらこちらで始まってる…

うちら4人はバカみたく呑んで騒いで歌って踊って。
まぁ、浮いてましたよ。かなり。
男子はどん引きで近寄ろうともしませんよ。全く。

次の日運転があるから、途中で呑むのやめたけど、あの場の空気を読まずに盛り上がるとことか、高校ん時のノリで、ホントにあの頃に戻った感じ。

友達がこのイベントのジョーカーの餌食になってておもしろかった。

色んな人と出会えてよかった☆

朝からガストでビールを呑む友達を横目に、反省会。

3時間程滞在して、9時前に帰宅チームとまだ遊ぶチームに別れ、解散。

あたしは当然まだ遊ぶチーム。
むしょうに華蔵寺公園というショボい遊園地に行きたくなり、すごいテンションで華蔵寺へ。
公園内で念入りに歯磨き。ホームレスって、こんな気分なのかしら。
歯磨き含めて滞在時間30分で撤退。
ジェットコースターに乗りたくて行ったんだけど、ジェットコースターより、気紛れで入ったショボいおばけ屋敷が恐ろしかった。

「かき氷食べたい」などと言いながら、一度は帰宅モードになった私達。

でも今日はすごくいい天気。

「海日和りじゃねぇ」

の一言で、茨城の大洗に行くことに決定。

大洗までの3時間の道のりは、くだらないことばっか言いながら、笑い過ぎで運転できなくなるくらい笑った。

途中で友達が瞑想を繰り返し、やっと寝だして、落ち着いて運転ができるわ、と思ったら、イビキとか寝言とかやかましかった。起きてても寝ててもうるさい人だ。

海が見えた時、海だーーーーーッ!とベタなはしゃぎっぷりを示し、車を停めて走りだす私達。
海に行く予定なんかなかったし、まさかもう海に入ることもないだろうと思ってたので、水着なんて持ってない。
始めは裾まくって、ちゃぷちゃぷと水遊び、って感じだったんだけど、ヒートアップしてきて、ボトムはびしょびしょ。
突然、高波が友達を襲い、ずぶ濡れ。
それを見てバカにして笑ってたら、もっと高い波にのまれ、びっしょんけ。
ホントに恐ろしかった…
こんな恐怖の中、車の鍵だけはしっかりと握って離さなかった自分を誉め讃える。

海に入って30分もしてないんだけど、2人ともビッショリで、海を満喫した気分になったので、もう帰る感じになって、シャワーとか水道を探してた時、気付いてしまった。

あれ…帽子がない。

あぁ、そういえば、さっき高波にのまれた時、やられたんだ。

海に戻って、捜索開始。
割りとすぐに帽子が波と戯れているのが見つかったんだけど、波が高くて泳げる状態じゃなかったので、波に乗って帽子が来るのを荒波にもまれながら待つ。

どんどん波が高くなってきて、帽子の場所も定かじゃなくなってきた。
高波がくると、ギャーギャー言いながら、逃げつつ、逃げ遅れてのみこまれたり、それはそれは大変だった。

帽子救出作戦に奮闘してて、ぶっちゃけ、帽子はもうどうでもよかったんだけど、なんか楽しいので続けてた感じ。
先に帽子つかまえた方が勝ち、みたいな空気も漂ってたし。
小1時間程、そんなことをやって、楽しんでいたところ、帽子を乗せてすごいハイウェーブがやってきた!!!!

波に向かって走り出す私。
こんな緊迫した時にどっかを眺めていた友達。
あたしの勇姿を見ていなかったそうです。
気づいた時にはあたしが帽子を手にしてニヤニヤしていたそうです。
ついに!!!!!帽子救出に成功。

それはそれはクタクタになってて、かわいそうだった。

さて、すごく海を満喫したし、帰ろうか、なんて言って、帽子救出に没頭するため、砂浜の遠い所に置いてきたサンダル&鍵があるべき場所にない…!!!
どうしたことかと思って、辺りを見回すと、友達のサンダルが、確か、しっかり並べて置いといたはずなのに、バラバラになって落ちてる。
そこから1m程いったところに、草などに混じって、あたしのサンダルと鍵が!!!!!

恐るべし、満潮。

あとちょっと気づくのが遅ければ、恐ろしいことになってたでしょう。

ま、全部シナリオ通りに進みました。

ちっちゃい子供とかはびしょぬれで遊んでたけど、大人で海に入ってる人なんていなかったため、服のままびっしょりになってる私達は海辺にいたギャラリー達の視線を集めたこと間違いない。

シャワーがないので、いたしかたなく、コンビニで水を買って、砂を落とすことに。
あのいでたちでコンビニに入るのは抵抗があったけど、コンビニで人気者になれた気がする。

特に今日の予定はなかったくせに、着替えだけはしっかり持ってる用意周到な2人。
こんなこともあろうかと、友達はダイソーでパンツを買ってたし。
更にあたしはバスタオルを2枚持ってて、まるで計画的に海に来たようです。

せっせと着替えてたら、隣に停めてた車のヤングな人がスタバのスコーンとクッキーをいっぱいくれた。
ムシャムシャとむさぼり食いながら、帰り支度。

ってか、あんなペットボトルの水だけじゃ、砂落としきれない。
あたしはお風呂セットを常に車に積んでるので、スーパー銭湯に行くことにした。

お風呂に入って、砂落として、サッパリ。
帰路も笑いすぎでお腹が痛かった。

2人とも相手の話を聞いてる振りして、普通に相槌とか打つんだけど、実際全然聞いてないこともわかった。
何しろ、話が噛みあってないから。

まぁーず、行き当たりばったりで、思い立ったらすぐ行動のうちら。
そして必ずトラブルに見舞われる。まぁ、旅にトラブルは付き物だし。
何やってんの、って感じだけど、ホント楽しかった♪

高校の時から、けっこう突然物事をしたりして、朝学校に行って、朝のショートだけ出てすぐ帰って、九十九里浜に行ったりしたこともあって、その頃みたいだった。
バカな高校の時の友達と遊ぶんは、すごい楽しい。
学生の頃みたく、久々に明日のこととか気にせず遊んだし。

ただ、そう若くないので、こういうのは3ヶ月に1回あればいいや。
| life | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサードリンク
| - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://hgxxxxxxx.jugem.jp/trackback/51
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Latest entries
Categories
Archives
Recent comments
Links
Recommend
Profile
Others