N@oco的日常

キマグレ更新

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク
| - | - | - |
あたしは自分のことを『数学の先生』だと信じて疑わないのですが、学校の先生、生徒達からは『情報の先生』と思われています。

数学1クラスしか出てないし、情報はほとんどのクラスを担当してるし、そう思われても仕方ないのでしょう。

校長先生の授業参観があり、情報でも数学でもどっちでもよかったので、あたしは数学メインだと思ってるし、指導案が書きやすい数学にしたんです。

数学は1クラスしか持っていないため、クラスの選択の余地はありません。

他の先生方に5組で授業参観をやると言うと、一瞬、間が開いた後、
みんな口を揃えて、顔は絶望的な顔で

「えっ…!あの5組でやるの…?!」

と言われる。
5組の担任の先生からも「よくうちでやる気になったね」と言われる始末。

そこしかやるクラスがないことを言うと、心の底から気の毒がられる。

それもそうですよ。

5組と言ったら、『あの5組』だもの。

おとなしいうちの学校生徒の中から厳選したかのような騒々しい面子。
前に出させて解答を書かせると、前で暴れだす。
学期始めのテストでは他の文系クラスと平均点10点の差をつけた(当然低い)
という壊滅的な伝説も記憶に新しい。

先生達の間で密かに行なわれている【授業やりづらいクラスランキング】で堂々の1位に輝いたクラスです。

授業の前に教室で綿密な打ち合せをして、

「いいか、お前ら、気合い入れてやれよ!」

と投げ掛けると、

押忍ッッッ!

と、非常にいい返事が返ってくるのに、その気合いは空回り。
あたしの授業も空回り。

なんか…、なんかなのよね…

実習生も授業見学に来て、「とてもワイルドな授業でした」と、けなしてるのかい?と聞きたくなるような感想を頂きました。

野性的にならないと、あの猛々しい獣達とはやってけません。
| job | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサードリンク
| - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://hgxxxxxxx.jugem.jp/trackback/29
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
Latest entries
Categories
Archives
Recent comments
Links
Recommend
Profile
Others